カテゴリ:旅行( 9 )

この度、弊社が設計した集合住宅KUSHI+DANGOがA design awardにてシルバーを受賞致しました。

https://competition.adesignaward.com/design.php?ID=58561


A’ Design Awardsとは

建築、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、家電デザイン、グラフィックデザイン、服飾デザイン芸術と文学の成果などに対して贈られ、

賞には5つのランクがあり、優秀な作品から順にプラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズ、アイアンの賞が、全デザイン分野に対して贈られます。


授賞式がイタリアのコモ湖で開催される為、出席して参りました。

6月27日にセントレア国際空港からルフトハンザ空港でフランクフルト経由でミラノへ向かいました。
ちなみに最初から遅延。。。
d0030761_11304336.jpg
機内でだされたドイツビール。なかなか美味しかったです。
いつも飛行機のビールは美味いのは何故かな?
赤ワインは南アフリカのメルロー。
食事も良かったです。

d0030761_11305353.jpg
























d0030761_11310301.jpg

















d0030761_11312905.jpg
























フランクフルトの格納庫です。
なかなかカッコいい!

d0030761_11313287.jpg
























空港のトイレにあったエアータオルなのですが、
今までの中で一番強力かも。

d0030761_11313797.jpg
























名古屋からフランクフルトも遅延。
フランクフルトからミラノ・リナーテ空港も遅延で2時間遅れたかな。
ミラノ中央駅行きのバスが見当たらず。。。
これかな?と思える車が、リナーテ空港からミラノ中央駅のバスは
10人乗りぐらいの車で、とてもバスとは思えない見えないのですが、
信じて何とかミラノ中央駅に着きました。
下の写真が、帰りの待合場所はミラノ中央駅の北側出入口です。
ネットにあまり情報に出てないので誰かの参考になればと。

d0030761_11314174.jpg
























ホテルでチェックインを済ませてから、友人とミラノ中央駅で待ち合わせ。
ミラノ中央駅エントランスは大きくとても美しい駅でした。
ネット情報だと治安があまり良くないという事でしたが、
あまりそんな風には感じませんでしたが。
d0030761_11322728.jpg
























少し街を歩いてオープンテラスで友人と食事をしました。
ワールドカップ開催中でしたが、
残念ながらイタリアは出場していない為か
あまり盛り上がっていませんでした。
d0030761_11321698.jpg
























ピザとつまみと赤ワインを頂き、
明日の予定でホテルで一休み。ほぼ30時間ぐらい起きてる?

[PR]
by hamada-a | 2018-08-26 12:32 | 旅行
カーサブルータスのiphone アプリでCasa 美術館をダウンロード!
まずこれはおススメ!
栃木は隈研吾さんの美術館が有名ですが、他にあるかなとこのアプリで探してみると思いきやあるじゃない。
中村拓志さん設計“録 museum
小山市内にあり名古屋への帰り道に丁度良いので行ってきました。
街中に近いのですが緑一杯の中に建てられとても気持ちがよくインテイリアも2つのトップライトによりとても落ち着く空間でした。
cafeも併設していますよ。
d0030761_9233338.jpg
d0030761_9234255.jpg
d0030761_9234836.jpg

[PR]
by hamada-a | 2011-05-06 09:36 | 旅行
先週 建築士会の研修事業で北京に行ってきました。
目玉は「コミューン・バイ・ザ・グレートウオール」
北京市内から60km。
その中でも隈研吾設計の「竹の家」!
d0030761_1693962.jpg

ん? ん~!?
何や!!「」 って?
オリジナルは?とガイドに聞くと「これです!」としゃぁーしゃーと言う。
日本人なめとんのか!そんなことあるかぁ!
で、外観は
d0030761_1612352.jpg

なんか隈さんの繊細さが全く感じられないのだ。
インテリアはこんな感じ
d0030761_1630030.jpg

ここに吉永さゆりが座ったらしい。古谷誠章氏の作品が何故か見えます。
ちなみに、古谷氏の作品も偽者です。
http://www.communebythegreatwall.com/Japan/acc/channel/Villas_zw.shtml
これが本物!まったく違います。
竹の家は“6”まであるそうです。

設計の本人はバンバンコピーが作られているのは知っているのだろうか?
[PR]
by hamada-a | 2010-12-11 16:31 | 旅行
d0030761_17595722.jpg

佳水園に入る入口の軒先の写真です。
よーく目を凝らして見て下さいね。
設計者のデザインへのこだわりが伝わりますが、僕がやったら大工さんにこっぴどく怒られるでしょうね。
[PR]
by hamada-a | 2007-03-30 18:13 | 旅行
d0030761_15455013.jpg


ホテルからのアプローチより佳水園を見上げた写真です。
どことこなく、吉村順三氏の軽井沢の山荘に(キャンチで持ち出した板貼りの外壁のエンドの納まり)似たディテールですが、竣工日は次の通りです。
1959年 佳水園
1962年 軽井沢の山荘
[PR]
by hamada-a | 2007-03-27 15:54 | 旅行
見学旅行で建築士会の京都に行ってきました。
しばらくの間、京都旅行のことを少し記したいと思います。

まずは、ウェスティン都ホテル京都佳水園に行ってきました。戦後の数奇屋建築の最高傑作とも言われています。目に入ってくるのは美しい庭である枯山水と薄い屋根。
芝の部分はひょうたんのとっくりと杯をデザインしているそうです。

d0030761_1644426.jpg



※※本日の生活向上手法※※
庭に自分の想いを詰めてみると、個性がでるかもしれない。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-26 16:45 | 旅行
久しぶりのブログです。でもって久しぶりの海外旅行です。

行き先は香港。
名古屋から4時間程でメトロポリス?の香港へ到着です。

西洋(イギリス)やアジア(もちろん中国)そして日本の文化などなどが入り混じった町が香港!
アメリカも他民族国家ではありますが、この街の比ではありません。

香港の空港は超巨大で幾枚ものシェルが連なり約1.6kmもあり
空港内のメインの移動手段は地下鉄というところもビックリ。
関西空港もそうだと思ったけど。

個人的に思ったのですが内装デザインはやはり海外の方がいいな。
それに比べて中部新国際空港の普通っぽさといったらありゃしない。
でも、とても便利なのだけれど。

まあ それはそれとして

異業種交流会での親睦旅行で行ってきたのですが、ホント楽しかった。
手のひらより大きなシャコ!だったり
2億五千年前?からのカブトガニがあったり世界は広い!!
ちなみに今日、学生に話したら普通だそうです。
大味と思いきやとっても美味。
新鮮な魚を日本人に合わせて刺身で食べさせてくれたり、お店に感謝です。

街はすべてが超高層ビル群!
名古屋のツインタワーより高い建物があるのだから、建築で飯を食っているボクも驚きの世界ですね。

でも、子供のおもちゃは90%日本製品なのでちょっとガッカリでお土産を探すのが大変だったけど、今度は家族でゆっくり行ってみたいな
[PR]
by hamada-a | 2005-10-21 19:21 | 旅行
世間は10連休という巨大な休日の中、ほぼカレンダーより働いていました。
フーッ!

しかし、自分はよく働くなーと思いながら、行きの首都高速を走っているとかなりの企業は働いている事実に気づいたわけで、自分の事務所の所員を8連休にしたのはどうかと悩みました。

さて、GWは嫁さんの実家に行って、その後那須高原でバーベキューと洒落込みました。

やはり、那須のリゾート地はリゾート気分満点の家がたくさんあり、なんで街中とこうも雰囲気が違うのだろうと思いながら、我々一向も貸し別荘に行きました。
森林浴満点の中、チョー満足とい思い、家に入り窓を開けてみると、、、、

な、なんと、、、

バルコニー? ええっ?なに?奥行き900?ハッー???
なんでだだっ広いのに、サンデッキの奥行きが900なんだよー(怒)

しかも、ご丁寧に手すりまでありやがる!
どういう感覚で設計しやがったんだ?

写真でお見せしたのですが、ちょっとやめときます。
ちょっと残念GWだったのでした。
[PR]
by hamada-a | 2005-05-10 14:32 | 旅行
先輩から世界小旅行のチケットをもらったので、昼から快晴の天気の中、
今日は家族四人で世界小旅行!!

沖縄の家の見物からから始まって台湾、ペルーでは民族音楽を聴きながら昼ごはんにリゾットとカレーライスを食べ(ちょっと変わってました、さっぱりとしたカレースープかな?)地ビールを飲んでから、北アメリカのインディアンの生活を見たら、今度はドイツに行ってビールの飲み比べとソーセージ盛、フランスに足を運んでカマンベールチーズをお土産に買って、子供にちょっとした和菓子に似たお菓子をあげて、イタリア、インドを見て、時間がなかったので、韓国と山形の家を横目に見ながら帰ったのです。

フーッ なにしろ三時間の超スピードでの移動!とても疲れた。疲れた。

ウソだろ!ってお思いの方もいらっしゃるでしょうが、ホントの話
とは言ったものの、もうお気づきの方もいらっしゃるでしょうが

リトルワールドのお話。

なんや リトルワールドかぁ!なんて思う名古屋人は真剣に見ていないから。
このリトルワールドをなめてはいけません!
世界の住というテーマに対し構成されていますので、仕事柄大変興味があるということもありますが、世界のご飯が食べれるということもあってグルメ好きにもOKでは?

日本の木の家であったり、石積みの家などなど。
一度、ご覧下さい!

今週の講義はこれですねぇ!決まり!
[PR]
by hamada-a | 2005-04-24 23:47 | 旅行