10月11日の中日新聞朝刊にすまいる愛知住宅賞の記事が掲載されました。
弊社設計の瑞穂の家も掲載されています。
d0030761_14325142.jpg


[PR]
# by hamada-a | 2018-10-13 14:29
d0030761_06261548.jpg

この度、弊社が設計監理を担当させて頂いた『瑞穂の家』が、すまいる愛知住宅賞 審査委員長特別賞を頂きました。

ひとえにお施主様のご理解、施工を担当した東洋建設様他本工事に関係した多くの方のご協力とご尽力のおかげと深く感謝します。また、本賞に推挙して頂いた古谷誠章先生より下記の講評を頂き大変嬉しく思います。

審査委員長特別賞に選んだのは『瑞穂の家』です。恵まれた大きな敷地を活かして、三世代の家族がそれぞれに居心地良く暮らせる住まいが、巧みに組み合わされて構成されています。驚いたのは、この設計者がこれまでに入賞した住宅のいずれとも趣の異なった、力量の幅の広さを見せてくれたことです。

また、30周年記念大賞には至りませんでしたが、第24回すまいる愛知住宅賞で入賞したKUSHI+DANGOという住宅が数多くの作品の中から入賞選外佳作として評価して下さりこちらも嬉しく思います。

これらの賞を糧に今後も皆様のお役に立てるように致します。


[PR]
# by hamada-a | 2018-09-30 16:48
本日もオープンハウス開催しています!
ただし、天候を見ながら開催時間を調整します。
d0030761_09215892.jpg

d0030761_09220060.jpg


[PR]
# by hamada-a | 2018-09-30 09:20
この度、設計監理して参りました住宅が完成致します。
お施主様のご厚意により見学会を行う運びとなりました。
是非この機会に沢山の方にご覧頂き、
ご感想をお聞かせ頂ければと思います。

<築130年古民家リノベーション>
2018年9月29日(土)30(日)10時〜16時
場所:愛知県春日井市

見学を希望される方はメール・お電話にて
氏名/人数/連絡先/希望日時
をお伝え下さい。
折り返し地図を送付致します。
連絡先:info@hamadaarchitects.com
    052-783-7272
d0030761_12435601.png
d0030761_12444231.png






[PR]
# by hamada-a | 2018-09-28 12:47
イタリア旅行11 5日目 帰国

ドタバタの珍道中の旅行でしたが、楽しかったなぁ。それにしてもよく歩いたなぁ。

4日間で65キロ。
人生の中で一番歩いたと思う。

重い荷物を持って歩いたせいか、
少し痩せた気がする^ ^

d0030761_11280824.jpg
この鞄にいろいろグッズが入ってました。
イヤーブック、盾、フラッグなど、かっこいいんですけど重いんです。トランクにも入らないし、日本で使うかなぁ〜?

多分、いや間違いなく使わない!

ホテルに置いて行こう、


そして、また今度来よう!

[PR]
# by hamada-a | 2018-09-16 11:15
イタリア旅行10 4日目おまけ

お土産はドゥオーモまで戻りデパートへ。
でも、日本にありそうな感じ。
Intelショップに行きましたが、割と奥の方にあるので少しビビります。
かなり疲れたので地下鉄で帰ることにしました。実は靴のヒール部分も壊れてしまいました。格好なんて付けずスニーカーにしとけばよかったです。
yelpというアプリを使って、イタリアでパスタを食べてなかったので、パスタ屋さんへ行きました。イタリアに来たのに、サンドイッチとピザぐらいで、あまり食べてないんですよね。
d0030761_18080982.jpg

d0030761_18081122.jpg
パスタ、とても美味しかったです!
赤のグラスワインを2杯飲んで
美味かったなぁ〜。
また、来たいです!

ホテルに帰ってから荷物をパックして、最後はパスポートと財布をセーフティボックスから取り出して…
暗唱番号を入力…

あれっ?

あれっ?

開かない!ウソだろ!

何回やってもダメ🙅‍♀️

なんとスリープモード!

フロントに行ったら、10分待ってくれと逆ギレ。ふざんけんなよ!
待ってたら60ぐらいのおじさんが来たけど、開けられない。だいたいやってる事が俺と同じ。
開くわけないじゃん!

そしたら、

11時になったら帰らなきゃいけない。でも、大丈夫、代わりが来るから。

おいおい!逃げる気かよ!
こんなやりとりが30分。

そしたら、もう一人きてやっと特殊な工具を持ってきた。

期待を込めて、やっと開いた!!
ハイタッチして別れました。

寝れる〜



[PR]
# by hamada-a | 2018-09-15 18:05
イタリア旅行9 4日目後半

昼食を食べていないのは、二つ理由があります。ひとつは、歩いているところが住宅街という事もありレストランが少ないです。もう一つは、日曜日なので店が開いてないという二点になります。

さぁ後半戦(笑)です。
d0030761_14071772.jpg
橋の上から見えるのが奥側にあるのが目的です。
d0030761_14071832.jpg
レム・コールハースが設計したプラダ財団美術館です。単純幾何学のようなデザインとも思われますが、既設の蒸溜所を美術館にコンバージョンしたものです。
d0030761_14072154.jpg
入口からのファサード。建物が大きくて入口がわからなかったです。女子学生だと思うのですが、凄いねーみたいな感じで話をしたのも覚えています。もちろん美人です(笑)
d0030761_14072347.jpg
今、書いていてわかりましが、目の不自由な方用の誘導タイルがあるじゃないですか!
しかも、左だよって…
d0030761_14072514.jpg
奥に歩くとタワーが現れます。そもそも、エントランスがよくわからないので、施設内を歩き回りました。先程の女性もわかんないみたいで右往左往といったところです。
d0030761_14361674.jpg
キンキラキンの建築も印象的です。
d0030761_14361874.jpg
全体模型が展示してあり、照明器具の吊り方が浮遊しながらも下地をデザインしとてもかっこいいです。
d0030761_14361935.jpg

d0030761_14362193.jpg

d0030761_14362256.jpg
クラシカルなデザインもいいです。モルタル金鏝は流行りかな。
d0030761_17023535.jpg
タワー建築のエントランス。
d0030761_17023847.jpg
階段室の踊り場。日本のプラスターボードに色が違います。ひょっとして色を塗ってたかも。パテ処理はびっくり‼️
d0030761_17024067.jpg
階段の手すりのつけ方は一般的ですが、ガラスの隔て板にする事で空間が変化します。
d0030761_17024784.jpg
トイレの壁と建具。
わかりづらいですよね(笑)
d0030761_17025491.jpg
便所の手洗い。男女兼用です。配管を隠していていいです
d0030761_17104940.jpg

d0030761_17105277.jpg
土間仕上げ。木とピンコロです。
d0030761_17105446.jpg
いゃぁ、お腹一杯です!
ザハのシティライフより見所があった気がします。
次はプラダの次はアルマーニ です。
ちょっと遠いですが、頑張ろうと鞭を入れます。しかし、歩いていたら、グーグル先生が休みかも…と教えてくれました。マジ!
途中まで歩いたんだから、頑張って歩こうと決め行ったら、やはりお休みでした。
d0030761_17383726.jpg
恐らくエントランス。
d0030761_17383920.jpg
しゃーないです。
また、今度にしましょう!

d0030761_17510477.jpg
建物としては、あとひとつ。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。
レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐がある教会です。見れないのはわかってますが、きてみました。

疲れたなぁ。
さぁ、お土産買いに行こう。


[PR]
# by hamada-a | 2018-09-15 14:02
イタリア旅行9 4日目 ミラノ南部の散策

4日目はミラノ南部を散策しました。
d0030761_17110679.jpg
まずは、ヴィットル・ピザーニ通りをまっすぐ歩いてモンタネッリ公園に。日曜日なのか人通りは少なかったですが、犬と散歩している人が多かったです。
d0030761_17111679.jpg
わかりづらいかもしれませんが、リードを外し噴水の中で遊んでいるのが何故かセレブ感たっぷりに見えてしまいました。
d0030761_17112822.jpg
更に、道をスカラ座に向かうと面白い建物がありました。道の真ん中建物が建っています。
d0030761_17114158.jpg
中を覗いて見ると、赤十字のマーク?
結論、よくわかりませんでした。
d0030761_17115277.jpg
スカラ座です。中は次回来た時に鑑賞したいと思います。
d0030761_17495272.jpg
ダビンチ象の前のガッレリアの入口。
d0030761_17501255.jpg
スーパーブランドショップが軒を連ねます。
d0030761_17503297.jpg
天窓がとても美しいです。
d0030761_17504854.jpg
そういえば、先程にも同じマークがありましたね。
d0030761_17510137.jpg
ドゥオーモ大聖堂です。めちゃめちゃ人がいます。ここも見たいのですが、次回にとっておきます。奥さんと来ましょう。
d0030761_19224115.jpg

Torre Velasca

d0030761_19224489.jpg
かなり、ドーンと突出したデザイン。まぁ見たまんまですが、圧倒的な存在感です。
d0030761_19224829.jpg
ルイージボッコーニ商業大学を見学です。
妹島和代、西沢立衛のユニットのSANNAが設計した作品です。
d0030761_19225143.jpg

d0030761_19225329.jpg
正円ではないですが、梁はラウンドしていますね、この辺りで結構歩いているので、カフェで水を補給。この日は昼は食べてないですね。
イタリアにきて4日目になりますが、昼はまともに食べてないですね。夕飯も日本にいる時みたいにアホみたいに食べてないです。柿ピーとかないですから(笑)
アメリカの時もそうですが話せないのと内向的な性格が原因でしょう。
今でも話せるのは、
ビッラ ペルファボーレ!だけ。

レムコールハースのプラダ美術館を目指します。でも、遠いんですよね。
がんばろ!



[PR]
# by hamada-a | 2018-09-13 17:07
イタリア旅行8 ヴェネツィア へ

イタリア2日目はとんでもない一日でした。
重いウィナーズキットがベッドの脇にありますが開ける気にはなれません。

もともとはスカルパが設計したプリオン家の墓を見学する予定でしたが、昨日の事があるのでバスの乗り継ぎにはビビり、ヴェネツィア に変更しました。チケットも前日に購入してますから問題ありません。

今日も昨日と同じ朝食をホテルで頂きました。
クロワッサンが好きなので一つ食べるとジャムが入っているので、ウェイトレスさんにジャム無しはどれですかと尋ねると、すぐに教えてくれましたのですが、パッと見は全くわからないですね。

さぁ、ヴェネツィア にGOです。
チケットを購入はしてすぐに入場はできましたが、何号車かがわからません。
誰かに聞いてみたのですが、二人目でやっとわかりました。チケットの読み方もバッチリで す!流石に乗り換えはわかりませんが。

ミラノ、ヴェネツィア間で特急列車で2時間半ぐらいです。ちなみに、一等席、二等席とありますが、何が違うかというと、
一等席は 二列シート
二等席は 四列シート
なので一等席はめちゃ広いですが二等席でも新幹線より気持ち広いので全く問題ありません。
d0030761_11211328.jpg
d0030761_08361680.jpg

d0030761_11211614.jpg
ヴェネツィア・サンタルチア駅 に着いたところで、世界からの観光客がわんさかいます。
サンタルチア〜って歌がありますがここの事?それにしてもどこでもチャイニーズ系の方は多いですね。昨日の授賞式もチャイニーズ系の方がとても多かったです。
d0030761_11211866.jpg
ホテルの水を1本、キオスクみたいなところで水を更に二本補給しました。
d0030761_11212018.jpg
d0030761_12063002.jpg
スカルッツイ橋
d0030761_12063757.jpg
散策の始まりー!
ちなみにWIFI環境はあまり期待出来ないです。
でも、昨日の迷子の一件がありますから地図は常に持って歩きましたのでグーグルマップに頼ることはあまりありませんでした。
むしろ、事前の地理予習と地図を買っておいた方がいいですね。ただ、ヴェネツィア では至る所に看板があるので頭にざっくりと知識があれば問題はないと思います。
d0030761_12064413.jpg

d0030761_12065175.jpg
細い路地に小さな船がどこにでもあり、水の都という事を実感します。

d0030761_12411195.jpg
最初に目指したのがアカデミア美術館
天井と床のデザインが優雅ですよね。
d0030761_16432462.jpg
プンタ デラ ドカーナ 設計 安藤忠雄
d0030761_12411339.jpg
既設れんがと木の梁で構成されている空間にコンクリートを挿入すると、溶け込むような空間に変化し、流石、世界のAndo だと思いました。
d0030761_12411401.jpg

d0030761_06455967.jpg

階段もとてもいいです。少し思ったのは、
外国人の施工はあまり期待出来ないと思いましたが、凄く丁寧な仕事なんですよね。アジアとは少し違うと思いました。
d0030761_16423030.jpg
ビーズを用いたレイヤー的なデザイン。
シンプルですがかっこいいです。
d0030761_16471570.jpg
レンゾ・ピアノが倉庫をリノベーションした美術館です。展示方法がとてもユニークです。
d0030761_16471765.jpg
この後にサン・マルコ広場へ向かうのですが、あまりに腹が減ってピザを一枚買ったのですが、これが美味い!人生で最高の一枚でした。
d0030761_16471922.jpg
サン・マルコ広場はめちゃくちゃ人が多くてごった返しています。観光のメッカは全てスルーです。
d0030761_16472126.jpg
ため息橋からパチリ
d0030761_16472376.jpg
d0030761_16493470.jpg
途中、ガソリン切れ。
用をたすので、便器を見ると便座がないのに驚愕!
d0030761_16493611.jpg
足を伸ばして、ヴェネツィア ビエンナーレも見てきました。
d0030761_16493854.jpg
日本館の一枚。
d0030761_16494113.jpg
これはないな。
d0030761_16494365.jpg
建物の中から木が生えてカッコいいのですが、雨水の処理は出来てないので、雨が降ったらだだ漏れです。
d0030761_16502998.jpg

d0030761_16503273.jpg
最後は疲れて、水上タクシーでリアルト橋近くのレストランで夕食を食べる為に行きました。でも、やってないので…
ミラノ行きの電車は20時。
ヴェネツィア のディナーは19時ぐらいのようで間に合わないので次回にして帰宅です。

[PR]
# by hamada-a | 2018-09-12 08:36
さぁ、授賞式だ!

午前はミラノ市内北部、午後はコモ湖周辺を散策して兎に角クタクタです。水分の補給だけが生命線のような感じです。
授賞式は17時から入場が始まるのですが、16時に力が尽きてしまったのでベンチで休んでました。授賞式はーサ・デル・ファッショの向かいが会場でした。まだ人はまばらです。
d0030761_17462441.jpg

17時を過ぎると日も少し落ちてきて過ごしやすくなると係員が設営を始めます。

入場開始じゃなかったっけ?遅くね?

結局、入場開始は18時。ここで1時間押し。
まずは、プラチナ賞からはじまり、ゴールド賞です。僕はシルバー賞なのでかなり後の方。
賞はこの後、ブロンズ、アイアンと続くのですが、愚痴ってた人結構いました。毎年やってるんだから、スムーズにやれないもんかと思う。
僕が入場したのは19時過ぎ。
d0030761_16125258.jpg
プラチナ賞の授賞式はもう終わりかと思ったらまだ始まったばかり。 

マジか…何か終電が気になってきた。 

ただでさえWIFIが繋がりにくい上に建物の中だから、全くダメなので、超不安です。
しかし、司会が長い。終わった時間が20時過ぎ。確か、グーグルで検索した時間は22時ぐらいが最終。名古屋で言ったら…西向きの新幹線か?
兎に角焦ってきたので、受付の人にクレーム!
まずは、進行が遅いでしよ。だから僕はミラノに帰れないから、授賞者セットを先に下さい。私は壇上に登らなくていいですから。
イタリア語じゃないですよ。グーグル先生に携帯で訳してもらってます。
この後、二回はクレームを言いましたが、受付嬢はOK〜!って言うくせに何もしてくれないです。飲み放題と食い放題があるはずなので、どこ?って聞いたらステージの裏だって。
言葉が無知なのは不幸だと思いました。
早速、裏に行って、喉がカラカラなので最初にお願いしたいのが、スパーリングワイン2杯をガブ飲み。リンゴかな?美味かった!多分、所属してる異業種交流会なら会場の酒を飲み干すだろうなーと(笑)
結局、
21:30 ステージ!
d0030761_15412575.jpg
d0030761_15412709.jpg
それにしてもこの人背が高すぎて、私が小人みたい。背が高いのにヒール履いてるよ。

勝者キットとやらをもらって駅に向かってダッシュ!それにしてもこの荷物は重過ぎる。僕のカバンも重い。さらに冬服の礼服が更に悪条件を課す。
d0030761_15455221.jpg
駅は兎に角、西だ!
ハーフは完走できないけど、少しはトレーニングした。地図中央の太い道に出た!
確か階段を降りたから、地図の左、中央下に階段のような表記があるから、左へ曲がりダッシュ!21時58分まで後5分だから間に合うはず!
あれ?走っても走っても駅がない…
まさか南と北を間違えてた?

間違えたのだ!

あかん、もう間に合わん!終わった…
僕は海外の知らない街で途方に暮れた。
蝶ネクタイから汗がこぼれる。

パスポートもない、コンタクトはどうしよう…
駅に野宿か…怖いなぁ…

いろいろな感情が湧いてきた。
徹夜の野宿を覚悟して再度、駅に向かった。
やっと着いた。幸い、駅は開いてた。

そういえば、グーグルって超テキトーだったよなと思い、ダメ元ででミラノ行きのチケットがないか自販機で調べたら…

あるじゃん!あるじゃん!

神様は助けてくれたー(泣)

一応、駅員に確認してみようと思い、駅員はいなかったので掃除夫に聞いてみたら、一度、北に行って、南、ミラノに行くような事を言ってた。
行きと同じホームに行けと。

本当か?そんな事?たまたま電車が来たので車掌がいたので聞いたら、やはり僕が思っていたホームで良いと言ってた。

危ない!ダマされるところだった。

そうしていたら、すぐ列車が来たので飛び乗ると、さっきの掃除夫がでかい声で叫んでる!
多分、アホと言ってるのか?

しかし、飛び乗った電車には誰も乗ってない。
かなり不安だったが、北に行くとスイスに行ってしまう。絶対ここでいいのだと信じて、止まらない汗を拭いていると次の駅で電車が止まった。

外から車掌が何やら叫んでる。そうしたら、列車の中に入ってきた。
英語とイタリア語どっちがわかるんだ?と聞いてくるのでどっちも分からん!と言ったら、ミラノに行くんだろと言うので、そうだと頷くと、降りろと。
次の列車に乗ればミラノに行けると教えてくれた!

神対応!乗り換えを教えてくれるなんて!

私は、ミラノ中央駅ではなかったけどミラノに帰る事が出来ました。










[PR]
# by hamada-a | 2018-09-10 17:31