<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

d0030761_17595722.jpg

佳水園に入る入口の軒先の写真です。
よーく目を凝らして見て下さいね。
設計者のデザインへのこだわりが伝わりますが、僕がやったら大工さんにこっぴどく怒られるでしょうね。
[PR]
by hamada-a | 2007-03-30 18:13 | 旅行
d0030761_19102355.jpg

佳水園のロビーです。庭園に向けられた解放感がいいですね。
住宅のリビングの角もこんな感じがいいと思います。テレビに解放的じゃなくて。。
ホテルの方から教えて頂きましたが、このロビーでお見合いをすると必ず成功するんだとか。
これからお見合いの方は、一度お試しあれ。
[PR]
by hamada-a | 2007-03-28 19:14 | 住宅
d0030761_15455013.jpg


ホテルからのアプローチより佳水園を見上げた写真です。
どことこなく、吉村順三氏の軽井沢の山荘に(キャンチで持ち出した板貼りの外壁のエンドの納まり)似たディテールですが、竣工日は次の通りです。
1959年 佳水園
1962年 軽井沢の山荘
[PR]
by hamada-a | 2007-03-27 15:54 | 旅行
見学旅行で建築士会の京都に行ってきました。
しばらくの間、京都旅行のことを少し記したいと思います。

まずは、ウェスティン都ホテル京都佳水園に行ってきました。戦後の数奇屋建築の最高傑作とも言われています。目に入ってくるのは美しい庭である枯山水と薄い屋根。
芝の部分はひょうたんのとっくりと杯をデザインしているそうです。

d0030761_1644426.jpg



※※本日の生活向上手法※※
庭に自分の想いを詰めてみると、個性がでるかもしれない。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-26 16:45 | 旅行
昨日ウチの子どもたちの具合が悪くなってしまい、下の息子はお腹が痛いと言って幼稚園を休み、午後になったら上の娘が気持ちが悪いと言って小学校を早退。二人とも部屋で寝ていました。まだ、甘えん坊さんが抜けないので、近くにいて欲しいと妻や僕に言う。
幸い居間の隣が寝室になっているのでドアを開けておけば親がいる雰囲気がわかるから安心するはずなのだけれどまだダメみたい。
そこで思ったことは、親がいるリビングやダイニングの近くにこども部屋がない住宅はとてもたくさんあるだろう。その時幼い子どもたちはどんな思いで部屋でいるんだろうか。きっと心細くて寂しくて恐くて震えが止まらないかもしれないと思うのだ。
今まで僕が設計した家はなんとか家族の雰囲気を感じるようになっているからきっと怖い思いはしていないと思う。今までしてきたことが間違っていなかったと思った。


※※本日の生活向上手法※※
病気の時は誰だって心細い。だからこそ家族の雰囲気がわかる家が良い。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-15 18:07 | 計画編
昨日、家の引渡しに立会いをしました。最近は外壁の色を白系でまとめることが多かったのですが、お施主さんのご依頼もあり黒でまとめました。黒い色の家ははじめてでしたが、あらためて見ると結構黒い家もシックでよかったです。お施主さんはこれからの新しい生活の中で不安ながらも胸躍らせているいらっしゃるのだなぁと思っていると、工務店さんや設備の方から引渡しの説明をしてしている最中にお施主さんから“濱田さん ここの階段室の壁なんですが少し寂しくもあるのでどうしたらいいですか”という質問を頂きました。絵やタペストリーなんてはよいですねなどと嬉しそうな顔をしながら会話をしている時に思ったのは、今まで設計図を描き監理をすることで完了していると思っていましたが、本当のデザインメイクはこれからお施主さんの手で行われるのだと改めて思いました。


※※本日の生活向上手法※※
引渡してから本当のデザインメイクがはじまる。それはライフデザインであることだ。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-13 13:27 | etc
この世には、いろんな家がたくさんありますね。
形で言えばザックリと和風、洋風、モダン風から始まってモダン和風、南欧風、北欧風、シンプル風まで色々あるでしょう。
建築家でもいろいろの作風があります。

これらを人で例えるなら、鼻が高い人、目が大きい人、背が高い人、背が低い人、太っている人だって様々です。でも、人が好きになるのは当然外見も要因にあるでしょう。でも、友達だったり、恋人だったり、結婚相手だった場合は、外観だけを気にするでしょうか?内面だって気になると思います。結婚相手なら特にそうだと思うのです。相手とたくさん、たくさん会話をします。
たくさん、たくさん会話をしてコミュニーケーションをしてわかりあってやっと人生を共に歩くパートナーを決めると思うのです。
僕は、結婚相手を決めることと、家をつくることも同じぐらい大切なことだと思います。


※※本日の生活向上手法※※
希望の家を叶えるために、家のことについて会話をしてみよう。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-12 18:31 | 思い編
前回は同一建物時の二世帯住所の時の対処方法でしたが、同一敷地に建てる場合はどうするかということについて考えてみたい思います。
まず、同一敷地に建物を二つは建てることは建築基準法上、建てることはできないので、まず敷地を分筆する必要があります。分筆したくないときは、風呂、便所、台所のいずれの機能がない場合は敷地を分筆する必要はありませんが、その判断基準については建築確認審査機関によってまちまちなので一度打合せが必要です。
まず、着かず離れずというところがよいということなのですが、すでに離れてしまっているのでどうするかと考えます。私なら両世帯の共有できる位置を探します。例えば既に建っている家の前に建てる場合です。まず、背中を向いているのですから、全て壁だとあまりいい気分はしないと思います。ですから顔が見えるような工夫が必要になってきますから、新しく建てる家のリビングの辺りにはきだし窓を作ります。はきだし窓ならば、子どもが勝手に両親の家に勝手に遊びにいくことも簡単ですし、お互いのコミュニケーションも取りやすいと思います。でも、あんまりガラス貼りだとお互いに見張られているような気分になるかもしません。そこで思いついたのが格子上にしたらどうかという案です。窓を閉め切ってもお互いの生活の雰囲気は伺い知ることができることでしょう。

※※本日の生活向上手法※※
玄関以外からアクセスできる場所をつくってみよう。
間違っても、塀で仕切ることはNG!

名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-08 13:48 | 計画編
最近、二世帯住宅というお仕事の依頼が増えてきています。二世帯住宅だけではなく同一敷地若しくは敷地を分筆してもう一世帯を建築しようとするものもあります。
今までのお施主さんで多かれ少なかれ悪口はあるとしても、嫁姑のドロドロした争いがないのが救いです。一度だけ同一建物で完全分離、つまりLDKも風呂も全て別にしてほしいという依頼がありましたが、席を同じくしているだけでちょっと辛くなります。そこまでして一緒に暮らさなくてもよいのにという気にもなります。結果僕の案では建ちませんでしたが・・・ちなみに若夫婦は建築家で建てたいが、老夫婦は昔から世話になっている大工さんで建てたい。お金を持っている方がイニシアチブを持ってしまうのは仕方がありませんね。最初から結果は見えていました。
さて、同一世帯の時に活用している手法のひとつですが、1階は老夫婦 2階がLDK 3階が若夫婦とゾーン分けをします。洗面所、風呂、便所のサニタリーは1階とします。この辺りで疑問を投げかける方がいますが、それは2階にLDKを配置してしまうことで老夫婦からクレームがありませんかという質問です。年をとる度に足腰は弱っていくのは事実ですし、敷地上1階にLDKと寝室を配置することはかなわないのですから、せめて上がりやすくするほうがいいでしょうとお答えします。それにお年寄りイコール寝たきりというイメージはあまりに失礼だと思う。
踏面(水平方向)23cm 蹴上(高さ方向)18cmとするればちょうど良くストレスなく上り下りができます。また、若夫婦や子どもは1階を必ず通らねばなりませんから、親を無視することはできないでしょう。また、2階にあがることでご飯やくつろぐ時間を共にするわけですからコミュニケーションも取れることになります。若夫婦は3階ですから老夫婦もそこまで上がるには面倒だから、お互いのプライバシーも確保できるというわけです。

※※本日の生活向上手法※※
同居は着かず、放れずというぐらいがちょうどいい。

名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-07 13:26 | 計画編
先日、異業種交流会で繁盛しているお店を見学へ日帰りで大阪へ行ってきました。
朝10時に名古屋に集合してから夕方までに5軒をまわる強行スケジュールでかつカフェが中心であった為にコーヒーとケーキでお腹がいっぱいというところでした。女性はウラヤマシイと思うかもしれませんね。とは言ったものの別にコーヒーとケーキを楽しむグルメツアーではなりません。何の要因でこのお店が繁盛しているのかといういたって真面目なツアーなのです。
僕は建築士ということもありますから、いつも小型のコンベックス(メジャー)2メートルを持ち歩いています。この椅子の高さは何センチか、この机の広さは何センチかという具合に計測することが目的です。あとこの手のツアーには小型のデジカメも放せませんね。
見学したお店の中でのひとつだけご紹介しましょう。
6人掛けのソファーセットですが、
テーブル
W1000×D1200×H650
ソファー(二人用)
W1100×D550×H350(座面まで)
僕はこの高さ関係と大きさが一番しっくりくる高さでしたが、テーブルがあと3cm低くても良かったかもしれません。また相手との距離感も遠からず近からずちょうどいいかな。

※※本日の生活向上手法※※
自分が好きな大きさ、高さの寸法を覚えておこう。そのために小型のコンベックスを持ち歩こう!

名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-03-06 11:23 | 計画編