<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

関西テレビで少し前に放送していた“結婚できない男”って知ってますか?最近東海地区で再放送していて妻があなたと同業のドラマがやってて面白いから見てみなよと言われ、最近ほとんどテレビドラマなどは見ていなかったのですが、久ぶりにドラマも見てみるかと思い見てみました。これがかなり面白い!建築家の葛藤とか思いとかが結構盛り込まれていて同業者ならではの楽しみであった。良かったら一度見てみて下さい、DVDレンタルもしていると思うので。
さて、このドラマの建築家は一人暮らしでかつ部屋には誰も入れることがないという設定。だから食器はひとつずつで良いということなのである。しかもそれらの食器は綺麗にレイアウトして食器棚に入れる。というよりも飾るということだ。例えるなら食器屋さんでの陳列棚というイメージだ。これなら雑なイメージが一気に払拭できる。


※※本日の生活向上手法※※
食べるときだけが食器の機能ではない。
今持っているお気に入りの食器でショーケースをつくってみよう 食器たちが生き返る!
[PR]
by hamada-a | 2007-02-28 19:11 | 計画編
最近は少なくなってはきましたが、書斎が欲しいというお父さん(ご主人)がいます。こんな書き方をするとなにか書斎なんていらないよというように聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。事実、お医者様の家を計画した際はやはり本がたくさんあり自宅でお仕事もされている関係でつくりました。でも、そんなにお仕事を自宅でしない方には、個室化をできるだけなくそうと考えている僕にとってはお父さんの個室はやや抵抗があるのです。
背中を見せるという言葉がありますが、人を育てるというのは、達成感を共有すること、そのために一生懸命やる背中を見せるしかないということだと思います。僕自身幼い頃親の背中に見て育ったということはありませんが、父の事務所に入社し2年間ではありますが父の背中を見て仕事の姿勢を学んだと振り返るとそう思います。
ですから、家の中でもできるだけそうあってほしいと思います。


※※本日の生活向上手法※※
子は親を見て育ちます。こどもが親父の背中を見える空間を家のどこかにつくりたい。
できることなら、リビングで。
[PR]
by hamada-a | 2007-02-27 08:57 | 計画編
我家では僕が生まれる前からペットを飼っていまして、ペットはポメラニアンという小型犬で大変可愛くていつも我家の中心的な存在でした。飼い方は季節の良い時はほとんど庭で放し飼いの状態で、窓をカシャカシャという音がすれば家に入れてくれーという合図になっているのでその時になったら家へ入れ、寝るときになったら犬小屋に入れるというという飼い方でした。
以前、ラブラドールを飼っているクライアントにペットを中心とした計画案を提案しました。犬がそのクライアントにとってまさに家の中心としてそして心の支えとしていることを重要視し、家の中心に犬の生活スペースを配置しました。玄関から入ってくるとペットが見える。また、ダイニングの時も扉を開ければ、犬と触れ合える。寝るときも同様に扉を開けていればお互いにその存在を分かり合えるというそんな家でした。これってペットだけじゃなくて家族でも同じことがいえますね。

※※本日の生活向上手法※※
ペットが心の支えとなり家族の一員であるなら、お互いに雰囲気を感じ、触れ合えるプランで考えてみる。
[PR]
by hamada-a | 2007-02-26 08:47 | 計画編
以前、妻の実家の近くといっても50kmぐらい離れているですが、二期倶楽部というホテルに泊まったことがあります。(雑誌でよく掲載されています。おススメです)そこでのエントランスを通り抜けるとロビーがありそこには4人掛けのソファーセットが確か2セットあったと思いますが、その壁面一面に本棚が備え付けられているのです。ゆったりとしたファブリック地のソファと本棚に囲まれて、好きなお酒を飲みながらお気に入りの本を見る空間がこれほど贅沢なものかと感動しました。
さて、自分の家には本棚がどれぐらいありますか。巾600や1200ぐらいがひとつですか?もちろんお気に入りの家具を設置するのも結構ですが、どうでしょうか。どーんと壁一面に本棚にしてみるというのは?そんなにたくさんの本はないよという場合は写真を飾っても良いし、お子さんの幼稚園や小学校でつくった作品を飾ってギャラリーにしてもよいかもしれませんね。


※※本日の生活向上手法※※
本棚を家族の核となる場所に置いてみよう。本棚、ギャラリーとしても使えます。
そこから家族の会話が生まれると思います。
[PR]
by hamada-a | 2007-02-24 10:19 | 計画編
亡くなった母は食器収集家と言いたくなるぐらいで、一時的に二世帯になった事もあり我家には食器がとてもたくさんある。和食器から洋食器といったものから引き出物で頂いた使っていない食器までである。少々肉や魚の素材が最高級でなくてもたくさんの良い食器のお陰で毎日美味しく頂いています。(妻の料理のおかげです)ある時、「妻に普段使っている食器はこの棚にあるぐらい?」と尋ねたところ「そうね。普段使っているのはこれぐらいかな。でも使っていないのはもっとあるわよ」との答え。とすると一般的単世帯住宅の食器はどれぐらいかと考えると我家の三分の一ぐらいあれば足りるのかと思う。とすると我家は1800ミリぐらいだからこの程度で十分である。しかし、食器は整理されているのですが、やはり美しくはない。何故って透明ガラスなのでそのまま見えてしまうから。やっぱり食器棚は隠して見えないほうがいい。


※※本日の生活向上手法※※
日常的に使う食器棚は1800あれば足りる。そして日常的に使う食器類は隠したほうがスッキリ見える。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-02-23 16:58 | 計画編
何かに映画のシーンにこども背比べの時に柱に少し印をつけていたことは、映画のワンシーンだけでなく、昔なら木造住宅だったからそんなことをしたことはあるのではないでしょうか。今では自分が今のこどもと同じぐらい小さかったことを思いながらここまで背が大きくなって育ててくれた親への感謝を思いがあります。我家では2階の天井に自分の手が着くかということで今でも手の跡が着いています。
でも、今の家はどうでしょうか。木造とはいえ全てビニールクロスで覆われてしまって、また和室すらない家が増えてきて昔を思い出すことができる家になっているだろうかと思います。
以前したことがあるのは、友達の陶器屋さんにいって手形付きタイルを焼いてもらいました。
でも、焼くと一回り小さくなってしまったので注意です。


※※本日の生活向上手法※※
自分たちの証を残してみる。きっとその証により次の世代によって語り継がれるだろう


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-02-22 10:28 | 思い編
最近は洋画よりも邦画の方が興行収入が多いそうです。僕も映画館に行く時間がなくてもっぱらレンタルビデオでDVDを借りてきてみることが多いです。ちなみに最近見たのは海猿という映画。なかなかの迫力があり良かったのですが、残念ながら我家はまだホームシアターセットがないので小さなテレビで見ているのが現状です。少しでも劇場の雰囲気をということでソファをテレビの正面にセットしたり電気を暗くしたりすのですがせいぜいこの程度。とても劇場という雰囲気にはなりません。
以前、あるイベントでホームシアターを上演会をしてくれる会社がありましたが、正直言って映画館そのものでした。今のホームシアターはここまで来ているのかと感動モノでした。
お値段はと聞いたところ施工費含めてだいたい200万ぐらいだそうです。建築工事費を坪単価計算するのはあまり好きではありませんがざっと6帖から8帖ぐらいかという部屋分の費用、車で例えるならカローラ一台分ぐらいでしょうか。
映画を家庭でできるだけ良い環境で見るなら延べ床面積を少なくしたり、客間を一部屋やめたり、車庫をやめてみるなどをすれば十分可能です。


※※本日の生活向上手法※※
自分たちの趣味を最大限充実させたいときは、思い切ることが必要である。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-02-21 08:25 | 計画編
全国的に見ても名古屋市という土地はゴミ分別 ゴミ資源化は進んでいると思う。
ゴミは、可燃ごみ・可燃ごみ・スプレー缶類・粗大ごみ
資源化は、プラスチック製容器包装・紙製容器包装・ペットボトル・空きびん・空き缶・新聞・雑誌・段ボール・古着などである。
施行当初は市民から反発があったものの、しばらくたつとこれが当たり前といった感じである。
しかし、これぐらいは分別しなくてはならないといとすると住宅の中で大変になるのはそのゴミたちの居場所である。建売系の家はそんなものは絶対に考えないから、道路から見えてもお構いなしと言った具合に青いポリタンクが必ずデーンと置いてある。それ自体が家の美観を損なっているにもかかわらず。ちなみにマンションのゴミ集積所はもっとサイアクである。せめて道路から見えない工夫をしてほしいものだ。


※※本日の生活向上手法※※
ゴミたちの居場所を考えると家は美しくなる。そして、街も美しくなる。

名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-02-20 18:48 | 計画編
晴れの日が好きな人はきっと多いことでしょう。でも、雨の日はどうですか、好きですか
昔、子どもの頃ですが、雨の日の学校の帰り道に水たまりがあると、バシャバシャと足を突っ込んでびしょ濡れになって結構楽しかったものです。もちろん家に帰るとこっぴどく母にしかられましたが。そして、台風の日ならどきどきして、雷の日は窓から外を眺めていて稲光が光るとウォーって感じで楽しんだものでした。
でも、大人になってそんな事をするわけでもなく、雨の日は窓を閉め切って過ごすことが多くなっているのではないでしょうか。一年に4分の一は雨の日なのですから晴れの日だけを楽しむのではなくて、雨の日をどのように過ごすかということも大切だと思うのです。
雨の日になると大体は窓を閉めきってしまいますね。雨が家に入ってくるから防御的な行動だと思うのです。自然に雨ともっと近づくことができれば楽しみかたも増えるのではないでしょうか。例えば、庇を深く取ってみる。そうすると、窓を開けていても少々のことであれば雨が入ってくることもないから雨の匂いも感じることでしょう。


※※本日の生活向上手法※※
雨の日を気分よく過ごすことを考えてみると、そこから新しい一日が始まる。

名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-02-19 11:38 | 思い編
突然の来客時に見られたくない場所はどこだろう。
寝室を覗く人はいないだろうから、
ざっと思い浮かべるとキッチンの裏方、ダイニングの食器類、洗面所を含む洗濯機置場、物干し場と言ったとこだろうか。
キッチンの裏方はやはりゴチャゴチャする。例えば、洗剤やスポンジ、食器の水切り棚、その他電化製品など
洗面所は歯ブラシや歯磨き粉、洗濯機置場にある洗濯前の衣類、洗剤
物干し場であれば自分たちが着ている下着などは絶対人に見られたくないから、干している衣類そのものだ。
つまり、これらが全て生活臭のするものばかりだからこれらをさっと人から見えなくなるとスッキリしていきていいと思うのです。


※※本日の生活向上手法※※
人に見られたくないものを書き出してみる。それらが見えなくなるなれば突然の来客時にも焦ることはない。


名古屋 の 住宅 設計 濱田建築事務所
[PR]
by hamada-a | 2007-02-18 11:39 | 計画編