<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月27日に世間の皆様より少し早くお休みをいただきました。僕には、三つの年末の恒例行事があります。一つは、妻の実家が栃木にあることから毎年その家で年末年始を過ごしています。私の両親は二人とも他界していますからそちらで過ごした方が子供たちにとってもいいのですし。木造2階建ての小さな家ですが南に家がたっているものの大変陽当たりが良くとても気持ちがいいです。しかし、断熱材が入っていないのでストーブが無ければとても寒いです。ちょうどよい庭もあるので季節が良ければ、大好きなBBQをすることも出来ます。いつも開けっ放しの家でセキュリティで悩んでいる事がウソのように良い人間関係が近所には息づいています
また、妻の両親にはいつも大変お世話になってありがたいです

二つ目は、妻の両親や義理の兄とその子供とウチの家族の8人で旅行に行く事です。今回は那須塩原に来ています。那須の温泉は茶褐色で少し鉄分が入っていますが入ると、体の芯まで暖まりますからオススメです
夏は森林浴も楽しめますし、子供が楽しむ場所もたくさんあるから飽きることもありません。来年は是非海外旅行に行きたいです
三つ目は、大学時代の友達との忘年会です
利害関係がない飲み会は楽しく、いつも深酒で必ず二日酔いで今日も当然二日酔いです
もともと大学では土木屋だったのですが、プロの土木屋さんの言葉を聞いてもさっぱりわかりません。昨日は土木の設計ももっと町並みや景観を意識せないかん!と議論しましたがいろいろなしがらみがあって大変なのはよくわかったのですが、一人一人が意識を持たねば変わるものも変わらないと思います。

年末はこんな感じで過ごしています。今は別行動でホテルに一人でいるので帰って来るまで ラウンジで暖かい珈琲を飲みながら読書にでもふけようと思います。
[PR]
by hamada-a | 2005-12-29 15:25
本日、2ヶ月ぶりの休暇をとり友人と東京にて吉村順三展に行ってまいりました。
平日なのにあまりの人手にびっくりするしながらも、僕は2時間以上見入ってました。
僕の中では吉村順三と宮脇壇という人は僕の中で先生ですから。
なんとかくらいついて矩計図や平面詳細図や模型をひとつひとつ見学させてもらいました。

その後、谷口吉生氏設計の法隆寺宝物館
安藤忠雄氏設計の同潤会青山アパート再生プロジェクトを見て
伊東豊雄氏設計トッズ表参道ブティックを見て
裏通りにある小建築を楽しみ先程帰名致しました。

スーパー建築家の作品を久しぶり見ながらいかに自分の引き出しに入れて、これをいつ引き出す機会があるのかってところが悩みのタネではありますが。
[PR]
by hamada-a | 2005-12-21 02:13 | 建築
今日の雪はすごかった。
五十数年ぶりの大雪だそうだ。
5年ほど前にも大雪が降って、その頃2歳の娘が庭でころんで顔がビチョビチョになって大泣きしていのを思い出した。
実は、今7歳になった娘は雪と戯れている。

それはそうと昨日今年竣工したお客さんの家へ新しいお客さんが見学したいというので久しぶりに訪ねた。
新しい家具に囲まれてとてもゆったりとした時間が流れているように感じた。
いろいろと不具合も聞こえ、設計で思っていた通りになったところもあれば、そうではなかったところなど勉強になった。

その中でもあらためて真新しい家具を眺め、リビングのちょうど良い広さなどを実感した。
リビングは12帖もあれば十分。
ダイニングの6帖もあれば十分。
キッチンは6帖弱あれば、ゆとりさえも感じる。もう少し小さくてもOK
そんな中でも昨日も雪がふっていたのだけれど、ダイニングにある幅広の窓ごしに見えるふっている雪がとてもきれいに見えた。
夜だったら、きっと那須高原にある二期倶楽部のバーみたいだなぁと思った。

そして、奥様からの誉め言葉。
それは、“家にいる時間が長くなりました”と
[PR]
by hamada-a | 2005-12-19 09:43 | etc